保険ショップで中立的なアドバイスを…保険は年々進化し多様化しています。医療や介護環境の変化などもその一因ですが…

保険ショップで中立的なアドバイスを

保険は年々進化し多様化しています。医療や介護環境の変化などもその一因ですが、不安を保障する、カバーする保険の役割と価値観の多様化と変化もその背景にあります。多様化の分、選ぶ際に迷いが生じるのも保険ですが、そんな迷いだらけの保険を選ぶ際、どこで選ぶか、加入するかが大事なポイントになってきます。今では以前のような対面販売だけでなく、ネット、通販、代理店、保険ショップなど保険選びのチャンネルが多岐に渡っています。どのチャンネルも一長一短があり、個人のニーズなどによるところも大きいのですが、なかでも今の顧客ニーズに合っているのが保険ショップでの保険相談です。

保険ショップでの保険相談のメリットは中立であること、そして勧誘ではなく、あくまでも相談というカタチで入れる点にあります。対面式や代理店の場合、自社商品のセールスのみで選択肢が限られていることもありますが、保険ショップは医療保険から生命保険、自動車保険など暮らしの保障に役立てることができる保険を自由に相談を受けながら選択できます。この保険ショップでの保険相談を有効に活かすためにも、先ずチェックしておきたいのが自分がどのような点で保険を選ぼうとしているのか、どんな点を保障の重点ポイントに置いているかです。

会社選びではなく、自分のニーズをハッキリさせることがスムーズな保険選びになります。要は自分、家族のニーズとはどのようなリスクに対して不安を感じるか、それをカバーしておきたいかという点です。医療保険なら疾病を幅広くカバーできるものか、持病があっても入れるかなど、生命保険ならば少ない掛け金で保障を厚くしたいなど保険を加入することで不安を解消し、万一の事があっても万全の備えをできるかどうかが保険選びの前提です。また、常に変化するのが保険ですから、今後保障のカタチが変化しても新しいサービスを乗り替えというカタチではなく、追加できるものを選ぶこともポイントになります。

次を読む≫



link/ 00/ 01/ 02/